スターリングクーラー

スターリングクーラー

タイショーでは環境に優しい次世代型冷凍機、フリーピストン・スターリングクーラー(Free Piston Stirling Cooler:FPSC)を使用した各種試験装置を製作しております。
スターリングクーラーはスターリングエンジンの理論を応用した冷却器です。
スターリングエンジンはロバート・スターリングが1816年に発明しました。
理論熱効率が高い事は知られていましたが、密閉度など技術的な問題から最近まで量産できませんでした。
スターリングエンジンは温度差を運動エネルギーに変換します。
その中でも、スターリングクーラー内部のピストンが自由に反復運動して、中のガスを圧縮膨張させるものをフリーピストン型と呼びます。

スターリングクーラーとは

タイショーがツインバード社製フリーピストン・スターリングクーラー(FPSC)を使用する理由

◇ヘリウムガスのため、環境にやさしい
◇高効率により省電力
◇低振動、低騒音
◇超低温までの冷却が可能
◇温度制御が細かく出来る
◇省スペースで軽量

フリーピストン・スターリングクーラー(FPSC)紹介

SC-UD08 80W型FPSCモジュール

1.-80℃対応
 -80℃を容易に実現する画期的な冷凍機です。
2.簡単な取扱い
 スペシャリティータイプのFPSCと放熱器、ファン、防振
 機能付マウントケース、駆動基板(SC-TD08-50)を一体
 化 し、基板にDC24Vを供給するだけで冷凍機として使
 用可能です。
 ※ファン駆動の電源は基板から供給されます。
3.冷却能力が可変
 冷却能力は、0W~60Wまで制御可能です。
 冷却能力は約250段階に調整でき、1~5Vの直流電圧、
 又は、4~20㎃の直流電流で設定できます。
 ※周囲温度や吸熱部温度により冷却能力は変化します。

SC-UE15R 150W型FPSCモジュール/吸熱リング付

1.-80℃から+70℃まで対応
 -80℃までの冷却は元より+70℃まで加熱も可能です。
2.メンテナンスフリー
 ヘリウムガスは封入されていて交換不要なため、高価な
 メンテナンス費用が掛かりません。
3.低振動
 リニアモータ使用で低振動の為、装置内部への使用に適
 しています。
4.吸熱リングが付属
 このモデルではネジ穴付きの吸熱リングが標準で付属し
 ている為、熱交換機の装着が簡単です。

スターリングクーラー装置例

実際にタイショーが製作した装置を一部ご紹介いたします。
お客様のご用途に合わせ開発、設計いたします。お気軽にお問い合わせください。

温度サイクル試験装置

窒素ガスパージ環境で、各試料の温度サイクルを試験装置する為の装置です。
熱制御のバランスを考慮し、冷却はスターリング冷凍機2台、加熱は吸熱フィン取付のヒータを使用。
上蓋には、観察用角窓、本体正面には試験用光学ガラス丸窓を設けております。
特徴:ワイドレンジ(-60℃~+60℃)で結露フリー、設定温度が自自在な温度試験装置
外形寸法
W550×D560×H580
庫内寸法
W360×D350×H170
供試体の最大サイズ
W200×D100×H150
温度範囲
-60℃~+60℃
立上時間
-60℃まで1~8時間以内
(試料体の大きさにより異なる)
冷却
スターリング冷凍機
SC-UD08 2台=80~120W相当
加熱
ヒーター(60W)
温度制御
デジタル温調器(市販品)
温度測定
K熱電対 7ch
湿度制御
窒素ガス充填方式
安全対策
ヒータ温度ヒューズ
槽内温度ヒューズ
装置価格
200万円以内

低温試験装置(-120℃)

真空断熱を使用し、コンパクト設計され+70℃~-120℃まで高精度の温調ができる試験装置です。
槽内も3ℓを確保しスタートから30分程度で-100℃以下に達します。
この他にも、温度設定変更、加熱冷却、プログラムコントロールによる温度サイクルなどの特注仕様並びに各種試験装置のご相談もお受けしております。

-100℃ガラス管冷却装置

試験管、フラスコ、ビーカー、シャーレなどをセットして、ガラス管内の試料を+60℃~-100℃の範囲で使用する恒温装置です。

冷却水循環装置

FPSC80Wタイプを使用し、冷却水を循環させ試験試料を冷却する装置です。
冷却フィンの換わりに用途に合わせた治具を固定することにより多様に使用可能です。
温度範囲
常温~-60℃
冷却
SC-UD08 1台
温度制御
デジタル温調器(市販品)
温度測定
K熱電対 1ch
循環制御
点滴用ディスペンサー(市販品)
安全対策
槽内温度ヒューズ
漏電ブレーカー
※循環水の温度は0℃に冷却